特定非営利活動法人 あまのはら

WEB版

あまのはらニュース


第28号(2020年8月)


WEB版あまのはらニュース 目次

あまのはらニュース 巻頭 

あまのはらニュース28号特集(1)(2)(3)(4)(5)(6)




あまのはらニュース28号特集!


コロナ禍で地域活動支援センターはどうあるべきか

〜自主通所でコロナ第一波に対応したあまのはら〜

               文責 五十嵐正史


(3)その時あまのはらは

 我々あまのはらは、自分たちの施設が東京都の要請に従い閉めるべき“不要不急の外出先”とは考えず、それ以上にいきなり閉所にしてしまうことで利用者に与えるであろう動揺や不安の方が、コロナ以上に利用者の生活にとって悪影響を及ぼすと考え、開所し続けることにしましたが、通所することに不安を抱く人が出るだろうことも想定し、自主通所とすることにしました。と言うのも、コロナ感染リスクに対する捉え方、感染への心配の度合いはかなり個人差がある上、完全に正しい明確な対策も対応もないという状況だったからです(都知事などの要請を唯一の正しいことと位置付け実践した人も居ますが、多様さを担保するべきはずの福祉施設において、拘束力のない要請を施設に適用し強制することは果たして適切でしょうか?)。ゆえに、感染の実情をなるべく正確に押さえ知らせつつ、油断し過ぎず怖れ過ぎない対応を見つけて示したいと思いました。
 自主通所に切り替えるタイミングは分かりやすく、緊急事態宣言の出た4月7日からにしました。早速何人かの利用者本人や親御さんから、感染リスクを避けるために休所する旨の連絡をいただき、予想では通所者は通常の半分くらいに減るだろうと見込んでいましたが、実際は自主通所初日から3分の2の通所人数があり、それはその後減ることなく逆に徐々に増えて行き、宣言解除の直前にはほとんど通常の通所者数となりました。私が施設長をしているシーエスアデイは、単身生活の方が多く、ステイホームと言われても一人で悶々と過ごすばかりで、逆に不安が昂じて生活リズムも乱れる悪循環になってしまうという方が多かったようです。
 ここで私が一施設長として、コロナ禍で開所し続ける上で気を付けた点を挙げておこうと思うのですが、まず開所の仕方については、同じ法人の雪谷工房と特に細かく決めごとを作って合わせることはしませんでした。同じ法人下であっても、施設にはその施設の雰囲気というものがあり、その施設のグループならではの対処法というものがあります。もちろんそれが何よりも最優先するわけではありませんが、危険なコロナへの対応だからといって一律に恐怖心を煽るような注意事項ばかりを利用者に告知し突きつけることだけはするまいと決め、細かな対処(検温、マスクの有無、対人距離等)はお互いの施設に任せました。
 それでも、基礎疾患のある高齢の方はもちろん、その他の利用者もほとんどが自主的にマスクをしてくれました(行政からの配布数は、3か月の間に計50枚と圧倒的に少なく(おそらく福祉団体間、施設間格差があった)、自主製作で布マスクを作りみんなに配布しました)。私は朝出勤すると、ご家族から寄付していただいた次亜塩素酸水を施設内の全ドアノブ、作業机、喫煙コーナーなどに噴霧し拭き取るようになり(個人的な知り合いから殺菌効果のあるハンドソープのご寄付もいただき、品薄に困る中大変助かりました。)、面接はマスクをして行うことにしました。
 そして、「コロナウイルスの状況について」という瓦版を不定期に施設内の掲示板に貼り出すことにして、出来るだけ分かりやすく、不安を煽るような言葉ではなく情報提供を試みました。私が施設利用者に対して一番気を付けたのがとにかく「不安を煽らないこと」でした。毎日テレビで流される買い占めの様子や、利用者の中には嗜好者も多いパチンコ店へのバッシング等の映像、何より毎日毎日発表される感染者数に、必然的に「絶対コロナに感染しても感染させてもいけない」というプレッシャーをかけられ続けるのは、私自身がまず異常で息苦しいことだと感じ、それでなくても日常的に不安を抱えやすい利用者にとってはなおさらだろうと思いました。あらためて、そんな社会状況下で彼ら彼女らの日中活動の場を閉めてしまうわけにはいかないと痛感したのですが、そのことはすなわち、地域活動支援センター(だけでなく、たいていの福祉施設に言えるかもしれませんが)を運営する者は、少なくともかたくなにゼロリスクを追求してはいけないということでもあります。なぜなら、感染リスク0をどこまでも追求すれば、結局誰とも会わずにステイホームするしかなくなり、施設開所とは全く相容れなくなります。一日10人超えの通所者が一部屋57uの空間で活動すれば、どうしても密にならざるを得ません。出来るだけ換気をしながら加湿もし、うがい手洗いの励行と指先等の消毒をお願いしつつそれでも感染するかもしれない、それはどうしようもない。万一感染者が出たらその時はその時取り得る最善のことをやろう。誰のせいでもないが開所の責任は自分(施設長)が負うと、毎日のように自分に言い聞かせました。

(4)

 ← 前ページ                                       次ページ  



 サイトマップ

「特定非営利活動法人 あまのはら」とは?

あまのはらギャラリー

貸借対照表

 (New!)あまのはらニュース WEB版 トップページ